魅力の多い狭小住宅│工夫次第で自分好みの家になる

部屋

住宅の取得

家

寝屋川の不動産は、敷地の広さにこだわらない方にとってはお買い得物件です。便利な立地の割に価格が安いことが、魅力となっています。新築住宅用の土地を探す時には、入口の形状を確認することが必要です。確認を怠ると、生活する上での問題が発生することもあります。

もっと読む

新しい人生の拠点を決める

部屋

新築物件を購入する際は、これからの人生について考える必要があり長く住み続けられる場所選びをする事が大切です。自然もありながら便利に生活する事の出来る岐阜では、仕事をリタイアした後や子供を育てる環境として最適です。

もっと読む

戸建て希望にお勧め

住宅

神奈川では注文住宅が多く、とても人気があります。好みの住まいを造れるという点が人気の理由です。ただし、業者によって価格やデザインなどに違いがあるので、じっくりと比較することをお勧めします。施工例などを参考にするといいかもしれません。

もっと読む

住宅購入時のポイント

間取り図

都市部での住宅購入

東京で一戸建て住宅を購入もしくは建設を行う場合、ネックとなるのが土地の値段の高さである。東京では1坪当たりの地価が高いエリアが多く、都心部ほどその価格が高くなる傾向がある。東京都でも郊外に行くほど、土地の値段は下がるが、その場合通勤などの不便さが増す場合があり、悩みどころとなる。これらの東京での土地への費用を抑えながら住宅を建てる手立てとしてあるのが、狭小住宅の建設である。狭小住宅は、一般的には15坪以下の土地に住宅を建設する場合を言う。土地の面積が少ないほど、土地の購入金額を抑えることができるため、費用を抑えられることが大きな特徴になっている。狭小住宅であっても、間取りなどの工夫により快適な住宅に出来る。

住みやすくするには

狭小住宅は、一戸建て住宅の購入が価格面で難しくなる東京都心においてもマイホームを購入するための手段となっている。この狭小住宅においては、生活の動線を十分に考えた間取りが重要になる。狭小住宅では、使用できる土地が狭い分、コンパクトな間取りにする必要がある。その際、廊下などを省き部屋としてスペースを確保することで、居住空間を確保することがある。この場合、廊下を省きすぎることで、部屋間の行き来がし辛くなったり、プライベートを確保できなくなる恐れがある。その為、動線への工夫には、特に注意が必要になる。また、収納スペース確保の工夫もある。デッドスペースを有効活用することで収納スペースを確保すれば、居住スペースを効率よく利用できる。